国際基督教大学図書館のコンピュータ化の歴史

「一次情報ダイレクトアクセス」時代、「検索即閲覧」時代のドキュメンテーションシステムのあり方を考える。

国際基督教大学図書館 のコンピュータ化の歴史

1960年代

IBM1130,
TOSBAC40

コンピュータを利用した雑誌リストの作成。  貸出システムの実験が成された。


コンピューター使用による雑誌リスト作成--国際基督教大学図書館におけるテスト経過報告
著者 近川 澄子 ; 鬼頭 当子 ; 椎葉 伸子
雑誌名 私立大学図書館協会会報
出版者・編者 私立大学図書館協会
巻号・年月日 (通号 50) [1968.05.00]
ページ 11~25

文部省科研費を利用して、図書館蔵書のデータ入力を起きない、貸出システムの実験が行われたが、
実用には至らなかった。




1972年 IBM360 コンピュータシステム開発のため図書館員のトレーニングを行う。(大学の方針で、オープンショップ方式とよばれ、
各部署から担当者をきめ、各部署のコンピュータを行うこととし、図書館もそれに参加し、システム開発に着手。
1974-1990 年まで自主開発システムが運用された。)




1974年 Tosbac40 業務用雑誌所蔵リスト作成



1975年4月 IBM370-115 パンチカードシステムで発注受入管理業務スタート (PL/I ,VSAM) 自主開発時代



1980年1月 IBM4331 発注受入業務のオンライン化 (PL/I,DL/I,CICS,DSM)

1982年4月
Utlas 洋書の目録作成システムUtlas(カナダ)の利用開始

1983年4月 IBM4341 貸出システム稼動(オンライン時間外はパソコンを利用)

1991年4月 VAX3900 CALISに全面移行 システム稼動 5月 OPACの提供開始  (JP、LCシステム)
洋書はutlasデータをコンバート、和書は、jp/MARCから遡及開始。
CLAIS
第1期



1992年4月
雑誌のOPAC提供開始

1992年8月
学内ネットワークと光ファイバーで接続

1993年4月
学内ネットワークと通じてのOPACの提供開始 入館システム稼動
学生IDカードの磁気カード化


1993年12月
雑誌特集号検索提供

1993月12月末
年末年始期間に索引再作成 記号類を省き,検索効率の 向上を目指す。
索引構造の一部変更
Internet 接続テスト


1994年4月
OPAC オリエンテーション開始

1994年9月
CD-ROM 公開
Internet(telnet) での利用を公表
 Internet(telnet) で世界の図書館メニュー公開


1995年4月 DEC2100 VAX3900 に替わって DEC2100に更新しました。 レスポンスが飛躍的に向上しました。
学外からのInternet(telnet) 経由アクセスが急増。 WWW のテストを開始しました。
CALIS第2期


1995年7月
LEXIS/NEXIS の利用を開始

1995年9月
CD-ROMシステムの拡張。
WWW ブラウザによるInternet(Web) アクセスの環境の整備


1995年12月
端末に接続された磁気カード読取り装置を使用して 貸出情報の照会を行えるようになりました。

1996年9月
検索方法の統一化を目指したOPACメニューの更新

1996年10月
TRCデータのftp 取り込み開始

1997年4月
VMS環境下でのWWW OPAC の提供実験開始

1997年4月
Uncover等の利用による文献入手体制の整備

1997年6月
VMS環境下でのWWW OPAC の学内利用開始

1997年12月
UTLASによる目録サービス利用終了

1998年 1月
Maruzen Z39.50 Gateway-CATによる目録サービスの利用開始

1998年 4月
個別版Maruzen Z39.50 Gateway-CAT/LEによる目録サービスの利用開始
国内でz39.50を利用した本格運用した最初のの大学図書館である。


1998年
自動貸出装置の導入に向けて、バーコード貼付作業開始。 
それにともなって、バーコード印刷システム導入


1998年12月
新館建設起工式 2000年1月完成



図書館新機能の打ち合わせ
建築打ち合わせ、機器選定


1999年9月
Web版Book order system (ver.1) (VMS)

1999年12月
明治期マイクロフィルムデータの組み込み

2000年2月  AUTOLIB 自動化書庫システム設備設置 (日本ファイリング製) 2000年6月末完成

2000年4月 Ds10 自動化書庫システムに図書の入庫準備のため、バーコード張り替え作業
マルチメディアルーム設置
ネットワーク環境の整備
パソコンの導入、セキュリティーシステムの導入
図書館システム OPAC専用WWWサーバー設置 (Compaq Ds10)
端末をMACからWindowsに変更
新web-OPAC 自動化書庫システムとの連動
自動貸出機の導入
CD-ROMサーバーからインターネット利用への切り替え(Silverplatter)
全文データベース(Proquest)の導入
新Web-OPACとSilverplatter,Proquestとの連動
CALIS 第3期
オスマー図書館
 
利用者コンピュータ提供


2000年5,6月
オスマー図書館 1階のみテスト開館

2000年7月
自動化書庫に図書入庫作業(15万冊)

2000年9月
オスマー図書館開館

2000年11月29日       
オスマー図書館開館記念講演会開催

2000年12月
Web版Book Order system (ver.2)(VMS)

2000年12月
参照MARC(TRC/JP)再編成

2001年1月
web-opac 検索対象追加 Books on Japan

2001年4月
発注状況の確認機能の追加

2001年5月
Web-Opac NDC検索機能の追加

2001年5月
請求記号ラベル作成方式の切替

2001年9月
電子ジャーナルのWeb-Opacリンク 拡大(7000誌以上対照に)

2001年9月
蝋山文庫、石原文庫をweb-opac 検索対象に変更し、ASRSからの出庫指示可能に

2002年9月 VMware Web-Opac 図書から出版社データにリンクデータの整備
利用者用パソコン認証システム(ケロベロス認証)
プリント課金システム(ICU独自開発システム)
Redhat+VMware+Windows システム(利用者用パソコン 170台)


2003年4月 DS20 ALPHA2100から DS20 OPAC検索も大幅にスピードアップ DSM->Cache Unicode 対応
学科事務室が管理していた卒論を自動化書庫に入庫
CALIS
第4期



2003年9月
ポータル化(貸出状況等、発注状況のデータ提供)

2004年4月 AtoZ AtoZ の本格運用に伴って、Web-Opacでの電子ジャーナル提供を中止

2004年8月
卒論キャレル用電源、ネットワーク工事

2004年9月
自動貸出機をPSCタイプ(アメリカ製)からABC(日本製)に変更された。

2005年3月
学生用コンピュータのリース返却
ディスクレスシステム導入のためのネットワーク工事
卒論キャレル用机の交換(200台)


2005年4月 ディスクレスシステム ディスクレスシステムによる運用開始 (Windows 170台)
Mac X server による運用開始   (iMAC 12台) 


2005年10月 EzProxy Ezproxy 運用テスト(学外からのオンラインデータベースアクセス対応)

2005年10月
館内放送ソフト更新(Mac Filemaker による開発ソフト)

2006年4月
卒論キャレル持込用パソコン接続サービス開始

2006年
次期システム選定経過
 6月 全国10社に対して、ICU図書館の状況説明会 提案書の提出依頼
 9月 6社による提案書の提出
11月 提案書に基づくデモ(各社1日 延べ6日)
12月 見積り提出
1月  ヒアリング
選考の結果 NEC E-cat の導入に決定



2007年
次期システム移行作業開始
 7月 全データの抽出 次期システムに充填テスト
 現在、システム調整、データチェック等
2008年3月 E-Cats へ移行完了



2008年 E-Cats 2008年4月 新システム E-Cats 運用開始
2008年8月 自動化書庫管理ソフト Ver.2 へ更新
2009年3月 現行ディスクレスシステムリース満了
E-Cats


2009年 ディスクレス
SFX
2009年4月 次期ディスクレスシステム(更新)の導入
SFX導入 EzProxy と連係



2010年
2010年4月 新プリントシステム導入 (ICU開発版)


2011年

E-Cats Ver.3   から Ver.4 に変更(ハードの交換無し)




2013年

2013年4月 第3次ディスクレスシステム導入
貸出ノートPCサービス開始
Summon の導入 9月稼働




2014年

貸出ノートPCサービス拡大
E-Cats Ver.4 のままハードのみ更新
MyLibrary 認証方法変更(2015年3月)




2015年6月

EzProxy システム更新 Off Cumpus Access に名称変更 Article Finder Summon を連動運用