黒 澤公人の図 書館システムの機能  システムの寿命

「一次情報ダイレクトアクセス」時代、「検索即閲覧」時代のドキュメンテーションシステムのあり方を考える。

黒澤公人の図書館システムの機能  システムの寿命

システム寿命とはなにかという問題は残る.
現実的には、日本では、コンピュータシステムをリースで導入する場合が多いので、実は、このリースがそのシステムの寿命となる。資本 主義経済では、価格は 大きな要素であるため、同一メーカーのシステムを、そのまま使えるかという保障もされていない現実で、有効時間内で、寿命を区切られ て運用しているのが、 現状である.

いろいろなことを考えるならば、システムを切り替えをせずに、問題なく使えるほうがよいが、4,5年のコンピュータ環境の変化は、そ のような事態をゆるし てくらないのが、現実であろう.